メモの魔力 The Magic of Memos(前田祐二/幻冬舎)

目次

本書を手に取った理由

アウトプット大全・インプット大全の著者である樺沢氏が本の中で紹介していて本書の存在を知り手に取った。
本書は「メモ」をキーワードとした自己啓発本である。

筆者のプロフィール

前田祐二(まえだ・ゆうじ)

SHOWROOM株式会社代表取締役社長。
1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入行。11年からニューヨークに移り、北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務に従事。数千億〜兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。13年、DeNAに入社。仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。15年に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。同年8月末にソニー・ミュージックエンターテインメントからの出資を受け、合併会社化。著書『人生の勝算』はAmazonベストセラー1位を獲得。

前田祐二『メモの魔力 The Magic of Memos』幻冬社巻末

特に気になったポイント

メモには2種類ある

記録のためのメモ

第二の脳、外部メモリとして活用するメモのこと。
(例)スーパーで買い出しする際の買い物リストや1日のタスクなど

覚えたり思い出したりすることに脳のリソースを割かないように「記録のためのメモ」を活用したい。
よりクリエイティブなことに多くの時間を使うべきだ。

知的生産のためのメモ

本書で前田氏が語っているのはこの「知的生産のためのメモ」についてである。
メモによって下記5つのスキルが鍛えられるという。

  1. アイデアを生み出せるようになる(知的生産性の向上)
  2. 情報を素通りしなくなる(情報獲得の伝導率向上)
  3. 相手のより深い話を聞き出せる(傾聴能力の向上)
  4. 話の骨組みがわかるようになる(構造化能力の向上)
  5. 曖昧な感覚や概念を言葉にできるようになる(言語化能力の向上)

どれもぜひ手に入れたい能力である。
個人的には特に1、3、5のスキルを伸ばしたい。

アイデアを生み出すメモの書き方

ファクト→抽象化→転用の流れが大切

知的生産のためのメモはただ見聞きした事実を書き留めるだけではなく「インプットした情報をもとに気付きを応用可能な粒度に抽象化し、自らのアクションに転用すること」が大切だと前田氏は語っている。

  • ファクト
    見聞きした事実のこと。
  • 抽象化
    インプットした具体的なファクト(事実)から「より多くの具体的な何かにも当てはめることができる概念」を導き出すこと。
  • 転用
    抽出化した概念を他の具体に取り入れて新たな企画案やビジネス案などに落とし込んでみること。

抽象化のやり方

具体的な事実や情報に対してWhy/How/Whatといった問いを投げかけることが重要だと前田氏は語っている。

「ここから何か他にも当てはまることが言えないかな」
「これはなぜかな、背景は何かな」
「あらゆるこの種類のものって○○ということが当てはまるな」
「これの特徴はこうだな」
…といったことを考えてみることで抽象化した概念を導き出すことができるそうだ。

前田氏はビジネスに携わる方は少なくとも下記の4項目に対してWhy?を投げかけてみることを勧めている。

  1. 世の中でヒットしているもの
  2. 自分の琴線に触れるもの
  3. 顧客からの要望
  4. 社内で起きている問題や課題

解くべき課題」を持っていることでアンテナの感度が増し、知的生産性が向上するのだとか。

Whatを投げかけて言語化能力を高める

WhyやHowの問いかけによって得た概念は、他の具体への転用可能性が高い。
Whatは転用するための概念を見出すというよりは、言語化スキルを高めるための問いかけだと言える。

「この具体的な事実のキーワードはなんだろう?」
「キャッチコピーのように一言で表現するなら?」
…といったWhatの問いかけに応える訓練をすることで自分が紡いだ「生きた言葉」で話せるようになるのだとか。

メモで自分を知る

徹底的に自己分析する

知的生産性を高めるためのメモの取り方は自己分析にも応用することができる。

ただ質問に回答するだけではなく、もう一歩踏み込んで抽象化することで自分の軸が見えてくる。
(例)あなたの長所は?→忍耐力があるところ、で終わるのではなく「なぜそれが長所なのか?」「具体的なエピソードは?」「そうなった原体験は?」と質問を重ねて深堀りするのだ。

ライフチャート

縦軸が感情の+ー、横軸が自分の年齢の折れ線グラフのようなもの。
質問に回答してエピソードや価値観を深堀する自己分析と、自分の人生を俯瞰で見られるライフチャートを掛け合わせて自分を見ていくことが自己分析において有効だとか。

ライフチャートはなるべく中学より前の時代を厚めに書くと良いらしい。
大人になっても変わらない本質的な特性が眠っていることが多いのだそう。

チャートで見るべきは「変曲点」。
自分の感情を大きくアップさせたものを発見できれば、それが自分の「生きる意味」や「幸せの根源」である可能性が高い。

人生をいくつかの段階に分けてみてそれぞれのフェーズに自分なりのキーワードをつけてみる。
すると「自分は何者か」
「どういう時にがんばれるか」
「どんなときに喜びを覚えるか」
といったことがどんどん言語化できるようになっていく。
自分のストーリーを魅力的に伝えることができるようになっていく。

メモで夢を叶える

「具体的に何をするか」まで書かないと人生は変わらない

人生をかけてこの分野で大きな挑戦がしたい!
…じゃあ今この瞬間、それに向けて具体的に何をするのか?ということが決まらないと何も前に進まない。
ただぼんやりと理想を思い描くのではなく、逃げずに言語化する。
そして目に見えるくらいはっきりと映像化する。(脳内で具体的に思い描く)

絶対叶えたい夢を見つける

人生に終わりがあるとしたらこれだけはやっておきたい、挑戦してみたいと思うことを思いつく限り書き出してみる。
全て書き出せたらS~Cの4段階くらいに分けて優先順位をつける。

夢を叶えるための行動を日常タスクに落とし込む

自分がSをつけた「絶対にやりたいこと」を叶えるために今やるべき行動を日常のタスクに落とし込めるレベルまで細分化する。
やるべきことを具体的にすればするほど行動を起こすことができる。
タスクはスケジュールに書き込んでおき、時間を確保する。

自分に近い夢を叶えた人や同じレベルで実績を出している人(=自分が目標とする人)が成功するまでにやったことを羅列してみて、その中で自分が参考にできることを真似するのも有効。

Sランクがたくさんある場合は複数の夢を1つにまとめられないか考えてみたり「もし1つしか実現できないとしたら?」と考えてみたりすることで自分の目指す方向がより明確に定まる。

夢の設定ができたらそれを周囲に伝えていく

自分の人生の軸とそれが指し示す夢を認識・言語化してストーリーを語れるようになると次第に夢の応援団が現れるようになる。
応援団が増えれば増えるほど夢の実現確率は上がる。

前田氏がストーリーを語る際に意識している3つのポイント

  1. エピソードを可能な限り「具体的」に話す
  2. 「間」を恐れず使いこなす
  3. 一方通行ではなくなるべく双方向、「インタラクティブ」に話す

まとめ

メモの本質は「ノウハウ」ではなく「姿勢」だと前田氏は語っている。
メモは「創造の機会損失」を減らすツール。
あらゆる情報を吸収するためにメモを取り続ける姿勢を保つことが重要。

たしかに、授業や講義でしっかりメモを取っている人は学習意欲が高いと感じる。
いつでもメモする姿勢を保つということは日常の全てからどうにかして学びを得ようとする意欲の表れとも言えるだろう。
わたしは下記の前田氏の言葉が特に心に残っている。

人生は「時間をどう使ったか」の結果でしかない。
ならば「時間をどう使うか」というところで人生の勝算に繋がる選択をするべきだ。

この言葉を肝に銘じ、夢を叶えて人生を豊かにするために「メモ」を有意義に活用していきたい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主として自活することを目指している30歳。
前職は企画事務とデザイン業。

目次