10倍速く書ける超スピード文章術(上阪徹/ダイアモンド社)

『10倍速く書ける超スピード文章術』(ダイアモンド社)
著 上阪徹

目次

本書を手に取った理由

一番の理由はキャッチーでわかりやすいタイトルに惹かれたからだ。

文章を書くのが遅くて時間がかかってしまう。
だから文章を書くのが億劫に感じる。
書きたいことや発信したいことはたくさんあるのに筆が追いつかない。

このような悩みを解決するためのヒントを学びたかった。

筆者のプロフィール

上阪徹(うえさか・とおる)

ブックライター。上阪徹事務所代表。「上阪徹のブックライター塾」塾長。担当した書籍は100冊超。携わった書籍の累計売上は200万部を超える。23年間で1度も〆切に遅れることなく、「1か月15万字」「5日で1冊」書き続ける超速筆ライター。

1966年兵庫県生まれ。85年兵庫県立豊岡高校卒。89年早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年よりフリーランスとして独立。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに、雑誌や書籍、webメディアなどで幅広く執筆やインタビューを心がける。これまでの取材人数は3000人超。主な寄稿媒体に『GOETHE』(幻冬社)、『AERA』(朝日新聞出版)、『週刊現代』(講談社)、『就職ジャーナル』(リクルート)、『リクナビNEXTジャーナル』(リクルート)、『東洋経済ONLINE』(東洋経済新聞社)などがある。

著者に『書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社)、『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』(あさ出版)、『職業、ブックライター。』(講談社)、『成功者3000人の言葉』(飛鳥新社)、『リブセンス <生きる意味>』(日経BP社)など。インタビュー集に、累計40万部を突破した『プロ論。』シリーズ(徳間書店)、『外資系トップの仕事力』シリーズ(ダイアモンド社)などがある。

上阪徹『10倍速く書ける超スピード文章術』ダイアモンド社 巻末

特に気になったポイント

はじめに言っておくと、わたしは本書の内容が全体的にかなり気に入っている。
わかりやすく説明されていたし、実践してみたいメソッドがたくさん収められていた。

ただ、構成についてはもっとわかりやすいまとめ方があるのではないかと思う。
下記の「特に気になったポイントたち」は、わたしが自分なりにわかりやすいと感じる順序にまとめ直している。
本書の順序通りに並んでいないということをご承知おきいただきたい。

文章を書く流れ

まず文書を書く目的と読者を整理する

「どう書くか」ということよりも「何を書くか」に重きを置く。
「何を」とは独自の事実、エピソード、数字など。
そのためには、まずどのような目的で、誰に向けて書くのかということをはっきりさせることが大切。

(1)目的

目的は「読者に何を感じてもらいたいのか?」という「真の目的」まで掘り下げること。
仕事の依頼人に「記事の目的」を聞くだけではなく、そこからさらに一歩踏み込んで考えてみる。

例)職場で社内報に掲載するエッセイを書くように依頼された場合
目的は普通に考えると「自己紹介」。
しかし、真の目的は「職場では見せないプライベートな姿を社員に紹介すること」だろう。
真の目的が分かっていないと自分の仕事内容や担当内容などを説明しただけの”ピントがズレた文章”が出来上がってしまう可能性があるのだ。

(2)読者

筆者は「暗闇の中でプレゼンができるか?」と本書の中で問いかけている。
経営陣、顧客、同業他社、他業種、一般消費者、学生など…相手によって伝えるべき内容や伝え方が変わる。
誰が読者なのかわからない状態で文章を書くことはできない。

上阪氏は、読者の層が幅広かったりふわっとしていたりして決めきれないときは「知人の中の1人に向けて、あいつにはこの文章が刺さるはずだ」という意識で書いているらしい。
そんな時はみんなに向けた文章を書けばよいのでは?と思ってしまう。
しかし、みんなという人は存在しない。みんなとは色んな人の平均でしかないのだ。
だからみんなに向けた文章は「誰にも伝わらない文章」になってしまう

文章を書くための素材を集める

上阪氏は「素材を並べるだけで文章は9割完成する」と語っている。
素材とは何か?…それは先に述べた「何を書くか」の「独自の事実、エピソード、数字など」のことである。
見たもの、聞いたこと、自分の感覚、体験、印象に残ったこと、気づいたこと、天気や壁の色、匂いなどなど…どのような情報も素材になる。

素材集めにはとにかくアンテナを張ることが大切だ。
取材時などによく観察しておかなければならない。

素材は必ずメモしてどこか1ヶ所に溜めていく
筆者はメールの下書きボックスを活用しているようだ。
自分が使い慣れているメモ帳アプリなどでも問題ないだろう。
PCの前だけでなく移動中などにも集められるようにスマホなどと連動できるものが望ましい。

素材が十分に集まったら文章を書く

素材の量が十分でない間は文章を書かない。(素材は多く集めて削るのが速い。)
素材が集まったら一気に書き上げる
書きながら何度も立ち止まっていると一気通貫に読める文章にならない。
正確な数値や名称が調べたくなったときは○や◆などの記号に置き換えて、とにかく文章を書く手を止めないこと。

なお、この「一気に書き上げる」というのはいきなり完璧を目指すということではない。

文書を書き上げたら必ず寝かせる

文章を書いている最中は熱くなりがちなので、冷静になって客観的な視点で見返すことが大事なのだとか。
締め切りまで時間がある場合は1日、2日ほど寝かしても良いだろう。
時間がない場合は1時間、2時間程度でもいいから読み返すまでに時間を置くこと。

締め切りよりも早く書き上げておくことで原稿のクオリティを高める余裕が生まれる。
寝かせる時間も計算に入れた上でスケジュールを組むようにしたい。

文章を読みやすく整える

推敲ポイントはシンプルに「読みやすくすること、わかりやすくすること」だ。
はじめから1文ずつ見ていくのではなく大から小へと見直す

素材の集め方、まとめ方

素材をひらめくタイミング

素材を出そうと机に向かっている時よりも、ジムで運動中、仲間と雑談中といった一見関係ないことをしている時にひらめくことが多いのだとか。
連想ゲームやブレストなども有効だろう。
筆者は、自身の本を書く際などには編集者に簡単なインタビューをしてもらう、という手法も取り入れているらしい。

取材時の素材ノートの作り方

A4の大判ノートにできるだけたくさんメモを取る。
自宅に帰ってきてから、録音した取材の様子を早回しで聞いてメモに加筆する。
素材になりそうなところにだけマーカーで印をつけていく。

素材のまとめ方

素材から”枝”を見つけてグループ化していく。
素材が少ない枝をカットする。

本を書く時に有効な「ふせん」を使った素材の管理法

上阪氏は「2000文字の文章が書ける人は10万字の本も書ける。」と語っている。
2000文字の原稿が50個集まっただけと考えているそうだ。

  1. 素材すべてに目を通して2000字で書けるような素材を見つける。
  2. 素材を読み込みながら本の設計図であるコンテを作り上げていく。
  3. 章ごとにふせんの色を変えて、コンテと素材を照らし合わせて素材となる部分にふせんを貼っていく。ふせんにはコンテと同じキーワードを記しておく。
  4. 3をテキストの最初からやっていく。

編集者など他の人がコンテを作成している場合は、そのコンテの内容に合わせて素材を見つけていく。

構成について

すべての素材を見える化する

上阪氏は、印刷した素材を卓上に置いていつでも見える状態で文章を作成しているそうだ。
せっかく集めた素材を使い忘れたり、文章を書いている際に素材探しのために手を止めたりすることがないように万全の状態にしているということだろう。

起承転結にこだわらない

ビジネス文なら、まず結論から入らないといけないという場合も多いだろう。
いつも起承転結の通りに文章を組み立てなければならないわけではない。

目の前の人にしゃべって伝えるように書く

目の前に読者がいて、しゃべって伝えるとしたらどのような構成がわかりやすいだろうか?
相手が専門外の人であれば前提条件や基本的な知識を先に伝えるべきだ。
相手が専門家であれば、いきなり結論から伝えた方が興味を惹くことができるだろう。
読者によって伝える順番や内容が変わってくるので、読者が誰なのかということを常に意識する。

文字数別 素材の組み立て方

(1)800文字

しゃべって伝えるなら素材をどう並べるか?と考えてみる。
すでにある素材から「こんな流れで結論まで持っていけるかな」と仮説を立てる。
(追加の素材が必要ということが分かれば、文章を書き始める前に必要な素材を集める。)

(2)2000文字

素材の量が増えてくると、しゃべるように並べ替えるのは大変だ。
筆者が語る「素材をわかりやすく構成するための基本の骨格」を参考に素材を並べ替える。

  1. 結論
  2. その理由と背景
  3. 結論を補足する具体例
  4. まとめ

(3)5000文字

これくらいの文字数の記事などをスラスラと読んでもらうには構成力が問われる。

素材を見ながらざっくりと構成を考える。
素材を”枝”でグループ化する方法で素材を整理する。
「目の前にいる人にしゃべるとしたらどうするか?」を想像しながら枝を並べ替える。

(4)10万字(本一冊くらい)

10万字の文章を書く際は(2)や(3)のまとめ方を参考に、2000文字程度の記事を何個も集めるような感覚で取り組むのが良いだろう。

スラスラ読める文章の入口と出口

(1)入口

まず前提として「読者はあまり読みたくない。」ということを頭に置いておく必要があるという。

だからこそ、冒頭には読者を惹きつけるモノが必要だ。
「わたしは〜」ではじまる自分語り系の文は好まれない。(有名でファンが多い作家が書くエッセイなどは別だろうが。)
ライターに限らず、小説家も物語の”掴み”を工夫して書いているので、ここに関しては作家から学ぶことも有効だとか。

(2)出口

気の利いた落ちをつけようとしてもそう簡単にできることではない。
落ちにはこだわらずシンプルにまとめを書く。
書き出し時点でざっくりとまとめの内容を決めておくと終着しやすい。

共感から入ると読まれやすくなる

何も知らない読者に向けた文章を書く時には下記のパターンが有効。

  1. 読者の共感から入る
  2. それは実は違うのではないか、と読者に疑義を唱える
  3. その疑義の裏付けを書く
  4. 加えて新たな発見で驚かせる
  5. 結論を伝える

この大きな流れに沿って素材を足していく。

文章を作成する際の具体的なテクニック

読みやすい文章のポイント

  • 短文にする。1文の文字数は多くても60文字くらいまで。
  • ですます/である調を織り交ぜてリズムを作る。
  • 「」の強調を使う
  • 順接(だから、また、さらに)は冗長な印象を与えるためできる限り使わない
  • 逆説(しかし、ただ、ところが)で展開を生む
  • できるだけわかりやすい言葉を使う
  • リアリティを意識する

企画書の書き方

本の企画書であれば、目的は「この本仮を出してもいいかな」と編集者に思ってもらうことだ。
読み手が知りたいのは「どんな課題」を「どのように解決するのか」ということ。
企画の狙いを念頭において「課題とその解決方法を明示するための素材」を集める。

誰にも読まれないサムい文章を避ける方法

(1)読者の周辺状況を掴む

例えば、子育て中の主婦と独身の中年男性では知りたいこと/興味があること/便利だとおもうこと、などが違うはずだ。
何を知っていて何を知らないのか?という対象の知識レベルを知ることが大切。
Yahoo!ニュースなどでその層を対象にした記事やコラムを何本か読んでみるとざっくりと対象の興味について知ることができる。

(2)自分がどう見られているかを意識する

例えば新卒の若者が経営について語った時、内容が的を得ていたとしても説得力に欠けてしまう可能性がある。
読者に「それをお前が言うなよ」と思われないように、自分の見え方についても知っておく必要がある。

わかりやすい文章にするための具体的な方法

(1)書き手がよく分かっていないことをそのままにしない

書き手が分かっていないことは読者には絶対に伝わらない。
コピペしたり専門用語をそのまま使ったりするのではなく、まず書き手である自分が理解できる文章にすること。
「読者は何も知らない」という前提で文章を書くようにする。
「これくらいなら読者も知っているだろう」と読者の理解に頼らないこと。

(2)形容詞を素材に置き換える

上阪氏は、楽しかった、嬉しかった…などといった形容詞をなるべく使わないようにしているらしい。
形容詞ではなく素材に意識を向けて「形容詞」の中身を書くようにしているという。
例えば「すごく寒い」→「手袋をしていても手がかじかんだ」など。
形容詞を素材に置き換えてたことで「すごく寒い」より具体的な寒さがイメージできるようになっている。

推敲の仕方

(1)下記のチェックポイントに沿って該当箇所をチェックする。

  • 論理破綻しているところはないか
  • 説得力に欠けるところはないか
  • 文脈にあった適切な素材を選べているか
  • つまるところなく一気通貫で読めるか
  • 内容に重複しているところはないか

この段階ではピックアップするだけで手は加えない。
初回の見直しは、読み手に1番近い視点で行うことができるので、このときの感覚を大切にする。

(2)下記をふまえてひとつひとつの文をチェックする。

  • 意味不明なところや説明不足なところはないか
  • 読み手や関係者に失礼な言い回しではないか
  • 読者に嫌悪感を与えないか
  • 暑苦しくイライラさせないか

リズムが悪いと感じる時は語尾に原因がある。
体言止め、ですます/であるのバランス、会話文と地の文のバランスなどを見直す。
一文ずつ語尾だけを見て調節していく。

語尾を直しても文章が良くならない時は、似た内容を繰り返している箇所を削除したり、指示語や順接の接続詞の量を調節したりすると良い。

(3)ボリューム(文字数)を調節する

文字は多く書いて後で削るようにする。
削る時は、読者と目的に立ち返って素材の重要度を精査してから、不要な箇所を素材レベルで削る。

(4)誤字脱字をチェックする

その他:文章力UPのためのインプット

上阪氏は「上質な週刊誌を読み込むこと」をすすめており『AERA』を25年以上も継続して読んでいるのだそう。
週刊誌じゃなくても「こんな文章が書けるようになったらいいなぁ」と思う自分なりの手本を見つけて積極的に触れることが大切なようだ。

その他:雑感メモがコラムのネタになる

見たもの全てがネタになると筆者は語る。
電車の車内でほとんどの人がスマホを触っている、中吊り広告、街ゆく人の服装など…。
見て思ったことや感じたことなどを、使うアテがなくてもメモして溜めておくと良い。
コラムやブログなどはもちろん会話のネタや何かコメントをする際なども役立ちそうだ。

まとめ

いざ文章を書こうとしても筆が進まないのは、素材を捻り出しながら書いているからだということがわかった。
料理をする時に、食材や調味料、調理器具などの必要なアイテムを全て集めた上で調理を開始するのと同じように、文章を書く際も必要な素材を全て集めた上で書き始めるようにしたい。

素材をまとめるときは小→大にまとめて構成を考えていく、推敲する場合は大→小に見直していくということも頭に入れておきたい内容だと思った。

真の目的と読者を意識することで「この文章は何のために書いているのだろう」と書いている途中で道に迷うこともなくなるだろう。

本書で紹介されている内容はライティングを生業としている人に限らず、誰もが役立てられる内容だと思った。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主として自活することを目指している30歳。
前職は企画事務とデザイン業。

目次