15歳から学ぶお金の教養 先生、お金持ちになるにはどうしたらいいですか?(奥野一成/ダイヤモンド社)

15歳から学ぶお金の教養 先生、お金持ちになるにはどうしたらいいですか?(奥野一成/ダイヤモンド社)
目次

これからの時代に必要な考え方

組織の時代から個々の時代へと移り変わっている現在。

直感的に時代の空気感を感じて動けている若者も多い反面、「何か変えなくちゃ」と思いつつ何をしたらいいのか分からず燻っているという人も多いと思います。

当書は、これから社会に出ていく学生に向けた「お金に関する教養」の本ですが、お金のことはもちろん、これからの時代を生きていく上で必要な考え方の基礎を学ぶことができる本だと思います。

学生に限らず、社会人の方にもぜひ手に取ってみていただきたいです。

著者について

奥野一成(おくの・かずしげ)
農林中金バリューインベストメンツ株式会社 常務取締役兼最高投資責任者(CIO)
京都大学法学部卒、ロンドンビジネススクール・ファイナンス学修士(Master in Finance)修了。1992年日本長期信用銀行入行。長銀証券、UBS証券を経て2003年に農林中央金庫入庫。2007年より「長期厳選投資ファンド」の運用を始める。2014年から現職。日本における長期厳選投資のパイオニアであり、バフェット流の投資を行う数少ないファンドマネージャー。機関投資家向け投資において実績を積んだその運用哲学と手法をもとに個人向けにも「おおぶね」ファンドシリーズを展開している。著書に『教養としての投資』など。

奥野一成『15歳から学ぶお金の教養 先生、お金持ちになるにはどうしたらいいですか?』より

めちゃくちゃ分かりやすい「お金の講義」

お金のことや投資のことなど、よくわからないまま生きてきた。
ずっと会社員だったからあまり考える機会がなかった。(けどなんとかしなくては…とは思っている)
なんなら経済の仕組みとかですらちゃんと理解できている自信がない。

…こういう大人、多いと思うんです。(わたしもその1人です)
そんな人が最初に手にする一冊としてこの本を強くオススメします。

タイトルに『15歳から学ぶ〜』とあるように、高校生くらいの学生でも理解できるように書かれているので、全体を通してとても分かりやすくまとめられています

また、分かりやすいだけではなく、視点や切り口が面白いので興味が湧いてきます。
わたしは「お金のこと勉強しなくちゃ」から「お金のこともっと勉強したい」と思うようになりました。

あらゆる物事は投資である

皆さんは普段当たり前のように投資に接しています。というか、皆さんの毎日のあらゆる物事は投資であると言っても過言ではありません。

奥野一成『15歳から学ぶお金の教養 先生、お金持ちになるにはどうしたらいいですか?』(86ページ)

”資格勉強する”、”英会話を習う”というように、自分が今持っている時間やお金を投じて、将来的により大きな資産を手に入れるための行動はすべて投資。

確かにそう。自己投資は(意識しているかどうかはさておき)誰もがやっていることなんですよね。
この考え方をしっかり意識して過ごすことで、時間の使い方何かに取り組む際の姿勢が大きく変わると思います。

年を重ねるごとに、特に時間の大切さが身に沁みます。
15歳のときにこの本に出会いたかった!と思わずにはいられません。

株式投資について

当書では株式投資についても述べられています。
お金のプロである著者が分かりやすく説いてくれているので、わたしの重い腰もやっと上がりそうです…!

よく分からないからと敬遠するのではなく、分からないなら分かるまで調べたり実際にやってみて学んだり、とにかく行動しないことには何も始まらないわけで。

株を学ぶことで、社会やお金との関わり方が変わり、世界の見え方も変わるんだろうなと思うとワクワクします。

生き残れる人になるために

モノの時代からアイデアの時代、組織の時代から個人の時代…
そしてAI化によって働き方がどんどん変わっていくであろうこれからの世の中で生き残るためには、どのようなスキルや考え方が必要なのか?

どんどん新しいアイデアを出してトライアンドエラーすることができる人、言われたことをただこなすのではなく、自分で考えた仮説をもとに行動することができる人が”生き残れる人”なのだと思いました。

個人でもアクションを起こしやすくなっているのだから、もっとこの状況を楽しんで活かしていきたい。

まとめ

当書は、タイトルに「お金持ちになるには〜」と書かれていますが、お金をたくさん稼ぐことを目的にするのではなく、社会で必要とされる人になることを目指すことについて語られています。

社会に貢献する人(=人からたくさん「ありがとう」をもらえる人)のところには自然とお金が集まってくる

お金を稼ぐって健全で楽しいコトだったよな、とハッとしました。

また、教養の重要性について考える良い機会にもなりました。

この記事があなたの自己投資やお金アレルギー克服の役に立てれば幸いです!

15歳から学ぶお金の教養 先生、お金持ちになるにはどうしたらいいですか?(奥野一成/ダイヤモンド社)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主として自活することを目指している30歳。
前職は企画事務とデザイン業。

目次