個人で古物商許可を取得するための申請方法

今回は、古物商許可の申請方法について解説していきます。
古物商許可の申請は、場合によって申請書の書き方が違ったり必要な書類が増えたりすることがあります。
この記事で紹介している内容はあくまでわたしの経験に基づいた内容であり、全員に当てはまるわけではありませんのでご注意ください。

目次

この記事が役立つ人

  • 個人で申請する
  • 自宅を営業所にする(管理者は自分)
  • 自宅は賃貸ではなく持ち家(自分or家族が所有者)
  • フリマアプリで古物を販売したい
    ※古物商許可取得後、ネットショップを開設することになった場合の必要書類については別の記事にて解説予定です。

古物商許可とは?

ざっくりまとめると、古物営業法で定められている物品を売買・交換する際に必要な許可です。
法人に限らず、個人の場合でも古物商許可を取得しておかなければなりません。
もし古物商許可を得ずに特定の古物を取り扱った場合、罰金や懲役などが課せられてしまいます。

古物商許可は自力で申請できる

古物商許可は自力で申請できます。
めんどくさそう、複雑そう…と思うかもしれませんが、それほど難しいことではありません。

古物商許可を申請する前に確認しておくこと

ほんとうに古物商許可が必要なのか?

古物商許可の申請にはお金や時間がかかるため「取得したけど必要なかった…。」ということにならないよう注意しましょう。
自分が古物商許可を取得すべきかどうか分からない場合は、管轄の警察署に連絡して聞いてみるのが間違いないと思います。
※この”管轄の警察署”というのは、あなたが古物商の取引を行いたい場所(自宅や店舗など)の所在地を管轄している警察署のことです。

必要な場合の例

  • 古物を販売目的で仕入れて販売する
  • フリマアプリやネットショップで古着屋さんを営む
  • リサイクルショップを営む

必要ではない場合の例

  • 自分や家族の不用品をフリマアプリなどで販売する
  • 自分や家族の不用品をリサイクルショップに買い取ってもらう

古物商許可申請に必要な書類とその書き方

警視庁のWebサイトにて必要な書類の一覧が確認できます。
(雛形は警視庁の申請届出様式等一覧(古物商・古物市場主用)ページからダウンロードできます。)
このページ内の「個人許可申請の場合」に書かれている添付書類を揃える必要があります。

(記載例の画像は後日追加予定です!)

念の為まずは管轄の警察署に確認しましょう

管轄の警察署の代表番号に連絡し「古物商許可申請の担当者」に取り次いでもらいましょう。
必要な書類の一覧を確認した上で、「これ以外にも必要なものはありますか?」と確認することをおすすめします。また、担当者の方の名前は控えておきましょう。

許可申請書

個人で、自宅を営業所として申請する場合は「許可申請書(古物営業法施行規則別記様式第1号)/許可申請書 別記様式第1号その1(ア)、その2、その4」をダウンロードします。

記入する際のポイント

  • 太枠上の「 公安委員会 殿」の部分は該当する都道府県名を書き込む(例:神奈川県の場合、「神奈川県公安委員会 殿」)許可の種類…「1.古物商」を選択
  • 法人等の種類…「6.個人」を選択
  • 行商をしようとする者であるかどうかの別…「1.する」を選択することをおすすめします。
    →催事やイベントなどに出店する可能性の有無を問われています。実際に出店しなかったからといってお咎め等は無いので、特に予定がなくても「1.する」を選択しておくことをおすすめします。
  • 主として取り扱おうとする古物の区分…該当するもの1つに○をつける。
    →どれがメインになるか分からない場合でも、とりあえず1つ選ばなければなりません。
  • 代表者等>種別…「1.代表者」を選択
  • 主たる営業所・古物市場>業態…「1.営業所あり」
    →この営業所とは、実店舗だけではなく、仕入れた商品を保管したり配送作業を行う場所も指しています。
  • 主たる営業所・古物市場>取り扱う古物の区分…可能性があるもの全てに◯をつけます。
    →印をつけていない古物は取り扱うことができませんので注意しましょう。
  • 電気通信回線に接続して〜…フリマアプリしか使わない場合「2.用いない」を選択
    →(BASEなどのサービスを含む)ネットショップを開設する場合は「1.用いる」を選択し、下記にURLを記入します。

略歴書/誓約書

添付書類の欄から「略歴書」と「誓約書」の雛形をダウンロードします。

  • 略歴書…直近5年間の職歴について記載します。枠が足りない場合は追加すればOKです。
  • 誓約書…「 公安委員会 殿」の部分は該当する都道府県名を書き込む(例:神奈川県の場合、「神奈川県公安委員会 殿」)

住民票の写し

本籍が記載された住民票の写しが必要です。マイナンバーの記載は必要ありません。

身分証明書

運転免許証やマイナンバーカードなどの顔写真付きのものがベストですが、健康保険証などでも問題ないと思います。

URLの使用権限があることを疎明する資料

これは、メルカリなどのフリマアプリではなく、自分のネットショップを立ち上げる際に必要となる書類です。
筆者は古物商許可申請時にはフリマアプリでの販売しか考えていなかったため、こちらの書類は提出していません。

しかし後にBASEにてネットショップを立ち上げることにしたため、古物商許可取得後に変更届出書と一緒にこの書類も提出しました。こちらについてはまた別の記事にて解説します。

その他、筆者が追加で提出した書類

わたしは実家を営業所にしました。
その際にいくつか追加で提出することになった書類は下記の通りです。
管轄の警察署や担当者によって対応が異なる可能性がありますので、あくまで参考までに。

使用承諾書

親の持ち家である実家を営業所にする場合は、使用承諾書が必要です。
自宅を営業所にする場合など、家の所有者が申請者である場合は必要ありません。

使用承諾書は決まった様式があるわけではないようだったので、ネットで調べてダウンロードしました。
建物の所有者(筆者の場合は親)に記入・捺印してもらう必要があります。

理由書

「親の持ち家である実家を営業所にした」と書いていますが、実は古物商許可を申請する時、実家の持ち主は死去した祖父でした。(家の所有者を祖父から親に変更するための手続き等を進めていた時期でした。)

そのため、「所有者の○○(祖父の名前)が死去しているので、相続人である△△(親の名前)に営業所としての使用承諾書をもらいましたよ〜」という内容の理由書を使用承諾書と一緒に提出しました。

この理由書も特に雛形は決められていなかったので自分で作成したものを提出しました。

不動産の登記簿謄本

営業所として使用する実家の謄本を追加で提出しました。

書類の提出について

書類が用意できたら、警察署に連絡してアポを取った上で提出しに行く

アポを取る理由としては、いきなり警察署に行っても担当者が不在だった、聞きたいことがあったのに担当者が忙しくて時間がなかった…といったことを避けるためです。

わたしは申請書の記入方法で不明な点があったので、アポを取る際に「一部、記入方法を教えていただきたい箇所がある」という旨も伝えていました。
また、わたしの場合は追加でいくつか書類を提出するよう求められたのですが、法務局に謄本を取りに行ってまた警察署に戻って担当者に見てもらう…といった臨機応変な対応もしてもらうことができました。

古物商許可の申請に必要な金額

古物商許可の申請時、手数料として19,000円を支払う必要があります。
わたしの場合、警察署にて担当者の方に書類を見ていただき、OKをいただいてから警察署内で印紙を購入、提出しました。印紙は現金でしか購入できなかったのでお気をつけください。

書類提出時の持ち物

印鑑は必ず持って行きましょう。
書類の訂正や書きなおしが発生した場合にその場で対応できます。

書類提出後の流れ

担当者の営業所訪問を受けた

実家の管轄の警察署では、古物商許可申請者全員に対して営業所の訪問を行なっているということで、わたしの実家にも担当者の方が確認に来ました。
以前、古物商許可を申請した人が架空(?)の住所を営業所として申請していたため、このような対応をしているそうです。
これは都道府県や警察署によって対応が異なると思います。

訪問といっても、わたしの場合は実家の自室のみを営業所としていたため、玄関からわたしの部屋に直行して部屋の中を見ておしまい、といったあっさりしたものでした。
質問内容も、古物の販売に使用するPCやスマホなどのデバイスはどれか?と聞かれたくらいです。

許可が下りるまでどれくらいかかるのか?

古物商許可は申請してから許可が下りるまでに40日ほどかかると言われています。
わたしの場合も、ちょうど40日経過した頃に警察署の担当者の方から電話で許可が下りたと連絡をもらいました。
古物商許可が下りたら、許可証を受け取りに警察署に行かなければなりません。

許可証を受け取ったらやるべきこと

古物商の営業所には看板を設置しなければなりません。
許可証を受け取ったら○日以内に設置しないと罰金…的なルールはないのですが、早めに対応しておきましょう。
看板にもいくつかルールがあるので自己流で作成しないよう気をつけましょう。

まとめ

古物商許可は提出書類を集めたり記入するところが面倒ではありますが、分からない箇所は警察署の担当者に確認しながら進めれば難しいことではありません。

古物商許可を取得すれば古物市場に仕入れに行くこともできるようになりますし、古着屋さんや骨董屋さんになることもできますよ。
提出するための書類集めはちょっと面倒かもしれませんが、重たい腰を上げて挑戦してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人事業主として自活することを目指している30歳。
前職は企画事務とデザイン業。

目次